保険の基礎知識。保険の誤解を解きたい“誤解の解凍”。保険に対するよくある疑問にお答えします

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

保険の基礎知識

保険の基礎知識

保険の基礎知識。保険の誤解を解きたい“誤解の解凍”。保険に対するよくある疑問にお答えします

保険をもっとわかりやすく > 保険の基礎知識 > クレジットカードの盗難について Vol.10

クレジットカードの盗難について Vol.10

■今回は“クレジットカードの盗難”について。
「保険が利くから大丈夫だよ」と油断していませんか?

※紙面の都合上、“カード”は、クレジットカードと同義語であり“カード会社”は、クレジットカード会社と同義語であります。
そして“クレジットカード会社”は、ショッピングとキャッシングを兼ねる機能の会社を指し、お金だけを借りる機能のカード会社は含みません。

──────

■各クレジットカード会社・規約の中に以下のような文言があります。

◆Diners
<会員の故意又は重大な過失に起因して他人に知られたことにより 生じた損害については会員の負担となります。>
http://www.diners.co.jp/rule/index2.html

◆JCB
<暗証番号を使用された場合の不正使用被害は会員の方の負担となります>
http://www.jcb.co.jp/renraku/authori.html

◆DC
<裏面にご署名のない場合は、お客さまのご負担になる場合もあります。>
http://www.dccard.co.jp/otoiawase/index.shtml

◆VISA
<ネット上には、はっきり書かれていませんでした。>
http://www.visa.co.jp/ct/guide/main.html#shikumi_step1

■集約すると、以下のようになるかと思います。

▽▽遠井論

(1)カード裏面への署名は絶対に必要。(誰でも使えてしまう)
(2)スグ解読されるような暗証番号は、お客様の責任。
(3)駐車車両から、財布ごと盗まれるのはもしかしたら“重大な過失”。

▲各クレジットカード会社ごとに温度差はありますが、契約者側の“暗証番号の不備”と“重大な過失”については契約者側に責任を追求する可能性がある。と明記されています。

▲カード規約の第2条~第4条くらいに“暗証番号”という条文が。又、第12条~第14条くらいに“カードの紛失・盗難”があります。

▲そして肝心な事は、カードそのものは“カード会社の物”であり保険請求する被保険者は“カード会社である”ということ。ようするに保険使用はカード会社の判断による、というわけです。

△△遠井論

──────

■心掛けたいことは。

▽▽遠井論

(1)カード裏面への署名は絶対に必要。(誰でも使えてしまう)

☆新しいカードが送られてきたら、スグに署名をする。
☆海外にて本人確認を照会されるときは、パスポートを参照します。パスポートと同じサイン(漢字でもOK)をカードにも記載すると便利。

(2)スグ解読されるような暗証番号は、お客様の責任。

・日本クレジットカード協会による、ワーストフォー。http://www.jcca-office.gr.jp/
<・生年月日・電話番号・自宅住所・4桁同じ>
※今後、ワーストフォーでの新規申し込みはできない。
※暗証番号解析後の損害は、原則本人負担。と、明記されています。
☆暗証番号を忘れても、カード会社は本人確認の上、教えてくれますので難しくしましょう。

(3)駐車車両から、財布ごと盗まれるのはもしかしたら“重大な過失”。

☆リゾートさんでのクローク預かりがベストでしょうが、実体はなかなか。
☆“重大な過失”とは、
・机の上に置きっぱなしにしておいた。とか
・クルマの中に入れっぱなしにしておいた。等をいいます。
☆他には、常に身につけておく位しかありませんね。

▼私はこの様にしています

★ダイビング専用カードを1枚に絞り、サイフや免許とは別に携帯する。アナ開けパンチで穴をあけ、キーホルダーにしてポケットに入れています。(カード会社さん、ごめんなさい)
★買い物限度額は、50万限度に押さえています。(20万でも充分だと)
★キャッシング機能は申し込んでいません。(ゼロです)
★暗証番号は、犬の誕生日にしています。(今日から変えますが)

☆現金持ち歩きの危険から逃れる手段が“カード文化”だと思いますが、消費者責任として、正しい知識が必要ではないかと思います。
☆今まで暗証番号の必要性は、キャッシングだけでしたが今後はカードにチップを埋め込み、ショッピング時にも暗証番号を入力することになるそうです。

△△遠井論

──────

■クレジットカード盗難・紛失時の緊急連絡先一覧(24時間・年中無休)

・シティーコープダイナースクラブジャパン(0120-074-024)
・JCBジェーシービー(0422-49-4421)
・DCディーシーカード(03-3770-1818)
・VISAジャパングループ(03-5392-7300)
・UFJカード(03-3242-3911)
・UCユーシーカード(03-5531-6100)
・アメリカン・エキスプレス(03-3220-6100)
・共同クレジットサービス(03-3294-1930)
・セントラルファイナンス(052-324-3757)
・NICOS日本信販(0120-159-674)

※上記は平成14年3月19日時点にて、合併および動作を確認しました。
※フリーダイヤルが用意されていても、携帯電話から掛けられないシステムの電話は有料の番号に統一しました。
※日中と夜間・休日の受付電話番号が別の会社は、除外させてもらいました。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.