ダイバーの整体を考える、知って得する身体の歪み。日本徒手整体トレーナー認定協会 理事長 佐々木拓男氏による、自宅で簡単にできる整体コラム。

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

知って得する身体の歪み

知って得する身体の歪み

ダイバーの整体を考える、知って得する身体の歪み。日本徒手整体トレーナー認定協会 理事長 佐々木拓男氏による、自宅で簡単にできる整体コラム。

正座を崩して鍛える 第47話

今回は、正座の姿勢から一旦あえて正しくないとされる姿勢を行い、バランスを改善させる方法をご紹介します。
まずは正座になってみます。このとき、足を重ねないようにしましょう。
重ねている側の足首が内側へ歪み、踝(くるぶし)側が出っ張り、膝や股関節まで歪む原因となるからです。どうしても重ねたい場合には、親指までにして下さい。

正座の姿勢からお尻を右側にずらして横座りします。次は左側に横座りします。左右を比べて座りやすい側を確認して下さい。ほとんどの方に左右差があるはずで、それにより膝・股関節・骨盤の関節が歪み、座りやすいと感じた側に背骨も湾曲していることが多いようです。

今度は座りにくい側に横座りします。更に両手を頭の後ろで組んで胸を開き、背筋を伸ばして上半身を反対側に倒します。腰から脇までしっかり伸びる感じが得られるまでストレッチします。10秒以上、可能なら30秒ほど継続します。身体の軸が定まらないと感じる場合、また背中や下肢のストレッチを行なう前に、まずこの体操で重心を整えると良いでしょう。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.