ダイバーの整体を考える、知って得する身体の歪み。日本徒手整体トレーナー認定協会 理事長 佐々木拓男氏による、自宅で簡単にできる整体コラム。

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

知って得する身体の歪み

知って得する身体の歪み

ダイバーの整体を考える、知って得する身体の歪み。日本徒手整体トレーナー認定協会 理事長 佐々木拓男氏による、自宅で簡単にできる整体コラム。

保険をもっとわかりやすく > 知って得する身体の歪み > 腰の歪み > スワイソウをやってみよう! 第37話

スワイソウをやってみよう! 第37話

中国の武術・健康法として有名な太極拳に「スワイソウ」という体操があります。簡単な割に多くの効能が望めます。ポイントはただ脱力すること。一見簡単そうですが、これがなかなか難しいようです。

足を肩幅と同じか、やや広めに開きます。背骨を真っ直ぐにして、上半身はできるだけ脱力し、ゆっくりと胴体を左に捻ります。常に両肩と腕をリラックスさせて、でんでん太鼓のように、慣性によって腕が振れるに任せます。
結果として、左手は右のお尻、右手は左の骨盤前面あたりに触れるはずです。今度は右に捻ります。右手は左のお尻、左手は右の骨盤前面あたりに触れるように。


これはあくまでも目安ですので、それを目標に振るのではなく、無意識に胴体を捻った結果、腕がそこまで振られているという感覚が望ましいです。これをリズミカルに、左、右、左…と繰り返します。回数をこなすと、より脱力感がつかめてきます。

頭の中は常に脱力、脱力。これを繰り返すことにより、骨盤の中の仙腸関節、背骨の脊椎関節、肩甲骨、肩関節、股・膝関節などのあらゆる関節が稼動し、左右の筋肉が均等に弛緩し、その結果自然治癒力が向上します。
具体的には、腰痛・下肢痛・肩こり・五十肩の改善促進に効果的です。体幹を捻るので、ウエストの体操にもなります。しっかりした体の軸が形成されれば、歩行を含めたあらゆる運動、スポーツのパフォーマンス向上に役立ちます。ですから、運動前後のウォーミングアップ、クールダウンにも適しています。

回数は、太極拳の養生法では~千回とも言われていますが、最初は50回程度で良いと思います。時間と気持ちに余裕があれば、徐々に無理のない程度に増やせば良いでしょう。何よりも終わった後、気分が爽快になることが大切です。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.