Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 医療法と情報公開について-いい医者は、どうやって探す その1 第82話

医療法と情報公開について-いい医者は、どうやって探す その1 第82話

いい医者というのは、どうやって探したらいいのでしょう?

患者にとって、いい病院やいい医者を選ぶことは、けっして簡単ではありません。

雑誌の「名医特集」を見るという人もいれば、「名医」として単行本に紹介された医者を訪ねてみるという人もいるでしょう。しかし、現実にそうした人たちに診察してもらえる人は滅多にいないはずです。

本来であれば、自分の家から行きやすい病院や医院にいる医師の経歴や実績を調べて、できれば他の医師のデータとも比較したうえで、満足できそうな病院を訪ねたいところです。しかし、こうした大切な事実は、実は、医療法によって患者には一切知らされないシステムになっているのです。

町の開業医の看板を見ればわかると思いますが、そこには病院名、院長名、診療科目、診療時間、所在地、電話番号しか書いてありません。

院長がどんな経歴の人物なのか、どういう実績を持った医療スタッフがいるのか、どの診療科目が得意なのかといった、患者サイドが知りたい情報は、一切明記してはならないのです。患者さんにとって、こんな不都合、不利益なことがあるでしょうか。

大腸内視鏡検査を受けたくても、その設備があるかどうかもわからないのです。

自動車を買うときに、カタログを見れば、排気量や出力、車のサイズなどがわかります。そういうことを見比べて、どれを購入するか決めていくと思います。

心臓の手術を受けるとして、手術の成功率は病院ごとにかなり大きな違いがあるのですが、医療法の制限によってそのデータは公表されていません。
医療関係者でないと知り得ないので、一般の人はそうした事実を知らないで手術を受ける以外ありません。カタログを見ないで車を買うようなものです。

こと医療に関する限り、国民の「知る権利」は、まるでないがしろにされているのです。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.