Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 挿入率と挿入時間を競う医師たち 第72話

挿入率と挿入時間を競う医師たち 第72話

私はよく、他の内視鏡専門医に挿入時間や挿入率を聞かれます。

大腸の一番奥の盲腸まで到達する時間と成功率のことですが、これは検査の経験数とともに、内視鏡技術の物差しになっています。

盲腸まで達した検査を、トータル・コロノスコピーといいます。トータル・コロノスコピーを5分以内でやるのが、一流だということになっているようです。

しかし、私は必ずしもそうは考えていません。

挿入時間5分と10分とでは、いったいどれだけの違いがあるのでしょう。患者さんを主体に考えるなら、いたずらに速さを競うより、苦痛を与えない、危険の少ない検査を目指してもらいたいものです。

また、どうしても挿入が困難な患者さんもいます。そういうときは検査時間がとても長くなり、患者さんにとってもかなりの苦痛を伴いがちです。他に代わる検査もあるのですから、あまり、深追いしてはいけないと思います。その時の検査ではなんとか挿入に成功しても、その患者さんがもう二度と検査を受けなくなったら、検診としては失敗でしょう。

たまに、「痛いからもうやめてくれ」と患者さんが言っているのに、「もうちょっとがんばりましょう」と、なかなかやめない医師がいますが、見ていて怖い気がします。

以前聞いた話ですが、某大学の教授が、大腸内視鏡の検査中「やめてくれ!」と叫んでいた患者に、検査が終わってから殴られたというのです。

本人は笑い話のつもりで話したのでしょうが、私は全然笑えませんでした。

その人の内視鏡の挿入技術の拙さを笑うというより、患者をどのように考えているのか、医師としてのあり方に首をひねりたくなります。

バリウム造影は、もちろん内視鏡より診断能力は落ちますが、大きなガンであれば、まず見逃すことはありません。

何が何でも内視鏡というのは、医者のエゴにすぎないわけで、患者さんの苦痛や事故の危険を考えると、必要なときには検査を中止することも大切なのです。

挿入時間や挿入率を議論する前に、患者さんの苦痛や事故率について議論してほしいものです。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.