Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 麻酔は大丈夫か? 第63話

麻酔は大丈夫か? 第63話

近年、医療事故のニュースがテレビや新聞の紙面を賑わす機会が増えています。

何年か前、東京の病院で、医師が胃カメラの検査を受けていたところ、検査終了時に呼吸が止まっていたという事故がありました。検査の苦痛を和らげるために使った麻酔薬が効きすぎて呼吸が停止してしまったのです。検査をしている医師は、それに気づかず検査を続けていました。

一般に、呼吸停止から5分経過すると、脳に不可逆的な損傷を及ぼします。
胃カメラの検査時間が10分とすると、終わってから気づいたときにはもう遅いということです。

大腸検査でも、初心者の医師ほど麻酔を使いたがる傾向にあります。検査の記憶が全くなくなるほど強い麻酔は、もしかすると危険と隣り合わせかもしれません。逆に、ベテランの医師の中には、麻酔を全く使わない単純検査にこだわる人もいます。

麻酔は是か非か?それは、患者が受ける苦痛の程度によるでしょう。

もし、外科手術を麻酔なしでやったとしたら、まさしく拷問です。もし大腸内視鏡検査をしていて痛がる人がいれば、私でも麻酔を使うでしょう。ただ、外科手術のときのようには使いません。私だったら、少しボーッとするくらいの浅い麻酔を使います。

そのくらいの量であれば、呼吸への影響はなく、安全だからです。

しかし一番望ましいのは、麻酔を使わなくても痛くないように検査をすることです。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.