Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 大腸内視鏡検査は、なぜ敬遠されるのか? その2 第61話

大腸内視鏡検査は、なぜ敬遠されるのか? その2 第61話

しかし、考えてみてください。大腸内視鏡検査をして、大腸ポリープや早期の大腸ガンが見つかった場合と、ガンを発見されるのが恐ろしいからと深刻な自覚症状が出るまで検査を先延ばしにした挙げ句、末期ガンの宣告を受けてしまうのと、どちらが恐ろしいと思いますか?

助かる見込みのないことを宣告するのは、医師としても、最もつらいことです。

内視鏡検査の結果、末期の大腸ガンが判明して、「あと半年、いや三ヵ月でも早く検査を受けていてくれたら・・・・・・」と、何度心の中でつぶやいたことでしょう。

それを考えたら、検査を受ける恐怖などいったいどれほどのものでしょうか。ぜひとも、検査を受ける小さな勇気を持っていただきたいと思います。

また、特に女性の場合、検査の時に下半身を出さなければいけないのではないかという心配や恥ずかしさがあって、それも検査から足を遠のける理由になっているようですが、実際に検査を受ける際には、お尻を出さない紙製の検査パンツを男女とも着用してもらいます。

また、検査時には部屋全体の照明を暗くするなどの調整によって苦痛を軽減するよう工夫されています。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.