Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 大腸バリウム造影 小さなガンや平坦型を見つけるのは難しい 第52話

大腸バリウム造影 小さなガンや平坦型を見つけるのは難しい 第52話

大腸ガンの検査方法として、内視鏡検査がベストの方法であることはハッキリしていますが、残念ながら、どこでも内視鏡検査を受けられるというわけではないのが現状です。

厚生労働省は、便潜血検査で陽性が出た場合の大腸の精密検査に関して、次のようなガイドラインを示しています。

「全大腸内視鏡検査が望ましいが、設備等の理由により内視鏡検査が実施できないときは、S状結腸鏡とバリウム造影の組み合わせ検査でもよい」

バリウム造影とはどんな検査かというと、まず腸の中にバリウムの注入してバリウムの薄い膜を作り、その後、腸内に空気を入れて腸を膨らませます。

この状態でレントゲン撮影をすると、バリウムのついている部分だけが影のように映り、仮にポリープがあったら、ポリープの輪郭が確認できるというわけです。

ただし、屈曲部は確認が難しいですし、特にくねくねと曲がっているS状結腸の部分などは、影が重なるために、ガンやポリープを見逃しやすくなります。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.