Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 便潜血検査、受ける側にもコツがある その3 第51話

便潜血検査、受ける側にもコツがある その3 第51話

そして、再検査で出血が認められないと「問題ないですね」と言うのです。

ガンの出血というのは、常時出るわけではありません。たまにしか出ないのを不完全ながらも見つけようとする検査が便潜血検査です。

異常があるにも関わらず、たまたま異常なしの結果が得られるまで検査をするという姿勢では、本来見つかるガンも見つかりません。

検診で陽性になった人は、次の段階として、大腸内視鏡もしくはバリウム検査(レントゲン)をするのが、普通です。

医者として大切なのは、患者をその場で安心させることではなく、本当に深刻な事態が起きないよう万全の注意を払うことだと思います。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.