Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 便潜血検査、受ける側にもコツがある その2 第50話

便潜血検査、受ける側にもコツがある その2 第50話

大腸内でポリープやガンから出血していた場合、便に血液が混じるとすれば、必ずそのポリープなどに接して出てきた側の便に限られるわけです。

運悪く、血液がついた面を検体として取ることができなければ、いくら調べても出血は確認できません。

だから、便潜血検査のために便から検体を取る場合、まず割り箸を用意して、便をぐるりと転がしながら、全部の面の表面からまんべんなく検体を取るようにしてください。

たまたま上になっている側からだけ取っても、反対側に血液が混じっていた場合、どうにもなりません。

便潜血検査は一回法、二回法、三回法があり、だんだん精度が高くなっていきますが、判定方法は、そのうち一度でも出血が認められれば、残りが陰性でも「陽性」です。

本当は三回法がいいのですが、検診に十分お金が取れない場合には、仕方なく、二回法や一回法を実施します。しかし困ったことに。便潜血検査の判定方法を誤解している医者がいるのです。一回法で陽性が出た人に、「再検査をしましょう」とわざわざもう一度便潜血検査をさせようとするのです。すでに一回で陽性とでているにもかかわらずです。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.