Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 食物繊維はどうやって摂る? 第32話

食物繊維はどうやって摂る? 第32話

大腸にとっての”救世主”はなんといっても食物繊維です。便秘予防にもなるし、大腸ガンの予防にもなります。腸内を雑巾掛けしてきれいにしてくれる効果もあります。

食物繊維は一日に20~25グラム摂る必要がありますが、実際、日本人の食生活では年々その摂取量が低下を続けており、現在では15グラム程度まで減少してしまっています。
ダイエットしている人は、食物繊維を摂るためにサラダをよく食べているという人が多いのですが、意外と、レタスやキャベツ、サラダ菜といった葉もの野菜は、食物繊維が少ないのです。食物繊維が多いのは、一に海藻、二にキノコ類、そして三に根菜類と覚えておいてください。

食物繊維をたくさん摂ることが便秘解消のためになぜ効果的なのかというと、一つには、食物繊維は消化されずに腸まで届くため、便量を増やし、腸壁に物理的な刺激を与えて腸の蠕動運動を促す作用がある、つまり排便を促しやすいからです。
そして「腸内に便を溜めない」というだけでなく、食物繊維は、腸内で発生しているさまざまな毒性物質を吸着・吸収し、便とともに排出してくれるという、たいへんありがたい働きもしてくれます。つまり、腸の中をきれいに掃除して、便といっしょに出ていってくれるわけです。

その食物繊維を多く含む食品として、まず第一に食べていただきたいのが海草類です。
味噌汁の具や酢の物だけでなく、サラダにも海草類を混ぜるなどしてたくさん食べてください。次に、キノコ類。これもたいへん繊維を多く含む食品なのです。また、根菜類。根菜類というのは、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモなどの芋類をはじめ、ゴボウ、ダイコン、ハス、タケノコなど、根ものの野菜全般です。しかし根菜類は、ややカロリーが高いですから、ダイエットをしている人は食べ過ぎにご注意を。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.