Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 「ダイエット便秘」が急増中(続々) 第29話

「ダイエット便秘」が急増中(続々) 第29話

■ダイエットのやりすぎで、必要な腸の筋肉までなくなる

私は、こうした”ダイエット便秘”の女性を何十人も診察していますが、彼女たちの中には、過度なダイエットの結果、全身の筋肉量が減ってしまって、筋力がひどく低下している人がいます。

便を自力で押し出すための腸の筋力や、腹圧をかける腹筋も弱くなります。
彼女たちは異口同音に「便がもうすぐ出そうなところまで来ているのに、自分の力では出せない」と訴えます。だいたい、人の便というのは、おへその左側のやや下に位置するS状結腸あたりで止まりやすいものですが、腸の筋肉まで痩せてしまっている人は、ここにある便を直腸から外に押し出す筋力さえありません。本人も、腸が腸自身の力で便を押し出すことができないことを自覚していますから、このS状結腸のところにある便を、お腹の上から手と指でギューッと強く押して排便するのです。
実際、ものすごく痩せている人は、お腹の上から容易に結腸にある便に触れることができます。

また、ひどい便秘の人は、自分で摘便する人もいます。
摘便というのは、乾燥しきってコチコチに固まってしまった直腸の便を指でほじくり出す作業です。これは通常は、老化に伴って筋力が低下して自分で排便ができない老人に対して看護婦さんが行なうケアの一つです。
ところが、若い人がそうしないかぎり排便できないというのは、過度なダイエットのおかげで、筋力が老人たちと同じくらいまで低下してしまったということでしょう。
とても悲惨な事実です。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.