Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 浣腸は直腸の痙攣薬 第24話

浣腸は直腸の痙攣薬 第24話

ご存じのように、下剤には、先述した経口の便秘薬だけでなく、肛門からグリセリンを直腸に入れる浣腸もあります。
よく使われるイチジク浣腸は、腸を痙攣させて強制的に排便させる下剤です。

刺激系の飲み薬は腸全体を痙攣させるのですが、浣腸は、直腸とS状結腸に限局して作用するため、効果が早く出るのが特徴です。
ただし、人によってはかなり強い腹痛を感じる人もいます。慢性化した便秘に対して浣腸を常用する人もいるようですが、飲み薬同様、濫用すれば腸への悪影響は免れませんので、極力便秘薬や浣腸に頼らずに、自力で心地よい排便ができるよう、毎日の生活習慣を変える努力をしていただきたいと思います。
次に、便秘薬や便秘と関係のある腸の病気についてご説明します。

●大腸黒皮症(大腸メラノーシス)
大腸の粘膜は、意外にもきれいなピンク色です。
大腸の検査では、検査を受ける人はモニターに映し出された自分の腸内を見ることができます。初めて自分の腸の中を見た人は、予想と違ってあまりにきれいなので、たいてい驚きます。
ところが、センナ、大黄、アロエ等の大腸刺激剤を長く飲んでいると、大腸粘膜にメラニン色素が沈着して大腸が黒ずんできます。検査をやっていて、これに出くわすと下剤を長く飲んでいた人だとすぐにわかります。
今のところ、多少見栄えが悪い以外、これが直接体に害を及ぼすことはないと思われています。また、下剤をやめれば次第に回復するといわれています。

●コロコロ便
便は、小腸から出てきたときはまだ粥状で柔らかいのですが、大腸を通過中に水分が失われてだんだん硬くなってきます。
肛門から30センチあたりのS状結腸にさしかかるとき、一番折れ曲がりの強いところを通過することになります。おそらくここが便の通りの一番悪いところです。通りが悪いままストップすると、さらに水分は吸収されて便は硬くなります。
どうしても便が出なければ下剤を飲みます。そうすると大腸が痙攣し、硬くなった便を壊します。コロコロに壊れた便はやっとS状結腸を通過し、直腸に達します。
痙攣が起こるときには、便のあった左下腹部が痛みますが、便が通過してしまえばウソのように痛みは消えます。腸の動きがよすぎてこのあと下痢になることもあります。
これが一番よくある便秘のパターンです。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.