Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

今日も胃腸はいい調子

今日も胃腸はいい調子

Dr.ゴトーの「今日も胃腸はいい調子」。医学博士、後藤利夫先生による、胃腸を健康にするコラム。誰も知らなかった便秘解消法など

保険をもっとわかりやすく > 今日も胃腸はいい調子 > 大腸ガンは早期発見・早期治療が有効 第5話

大腸ガンは早期発見・早期治療が有効 第5話

便秘が怖いのは、大腸ガンの要因になるからです。便秘がもたらす、腸内細菌の環境悪化がそれを引き起こします。
臨床医の1人として、中高年層の人たちの大腸ガンの増加が気になって仕方がありません。近い将来、大腸ガンが日本人の死因トップになるのではと思うほどです。

では、どうやって大腸ガンから身を守ればいいか。まず1次予防として言えるのは、食生活の改善です。前にも言ったとおり、食事の欧米化で高脂肪、低繊維の食事が広まりました。

では、昔の日本食中心にすればいいと思われるかもしれませんが、高塩分、低タンパクの日本食は、胃ガンを引き起こす可能性があります。ある程度の脂肪を、人は摂取しなければなりません。問題は、脂肪の摂りすぎという点にあるのです。

大腸ガンの2次予防は早期発見・早期治療です。菜食主義の人でも大腸ガンになることがあります。食生活の改善は必要ですが、極端は避けましょう。大腸内視鏡を使った検査を、定期的に受けていれば100%大腸ガンで命を落とすことはありません。

では次に、大腸ガン症状について述べてみます。大腸ガンが見つかった多くの患者さんは、「腹部に痛みや違和感を覚えていた」と言います。そこで、お腹が重かったり、張っている感じがある時には、念のために医師に相談してほしいものです。ただし、検査をきちんとしてもらえずに、「しばらく様子を見ましょう」では、医師にかかった意味がありません。

便秘や下痢といった便通異常も要注意。便秘にならなかった人が便秘になったり、便秘から下痢に変わった時などは心配な症状です。そして普通の便から急に細い便に変化した時も気をつけたいもの。大腸にガンや前ガン状態のポリープができている可能性があるからです。

もうひとつの兆候は、出血と下血です。出血は便に血が混じったもので、痔と間違えやすいために判断を誤りがちです。排便後にペーパーに血が付着すれば下血ですが、少しだから大丈夫と考えてはいけません。

しかし、こうした症状が出ない「無症状」の患者さんがもっとも多いのです。そのため、気付いた時には進行ガンになっていたというケースがあるので、定期的な検査を受けてもらいたいのです。

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.