平和な世の中に慣れてしまった生活。突然の災害・事件に対処できるのだろうか?

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

身近に感じる危機管理

身近に感じる危機管理

平和な世の中に慣れてしまった生活。突然の災害・事件に対処できるのだろうか?

保険をもっとわかりやすく > 身近に感じる危機管理 > 第82話 閉じ込められる危険

第82話 閉じ込められる危険

避難命令も出さずに船長自らが制服まで着替えて救助されるとは、呆れ返る事象ですが、日本でも列島改造直前の40年前までは、同じような事故・災害が発生していました。

■1972年5月13日 大阪府 千日デパート火災
http://ja.wikipedia.org/wiki/千日デパート火災

22時27分頃、閉店した3階・婦人服売り場から出火(工事のタバコ)。
7階(最上階)にてキャバレーが営業中。

階段室は煙突の役目を果たし、有毒ガスは瞬く間に7階に到達し充満。
土曜日ということもあり、お客も多く7階で96人が窒息死。他にもビルから飛び降りて22人が死亡、78人が重軽傷。

古い建物のため法に適合していなくても不法ではないが、防火シャッターもスプリンクラーも無く、非常誘導灯も工事のため消失していた。

火災発生から消防署への通報も、相当な時間がかかっている。

■1973年11月29日 熊本県 大洋デパート火災
http://ja.wikipedia.org/wiki/大洋デパート火災

初期消火はうまくいかず、店内放送も従業員が逃げ出し緊急放送ができなかった。103人が死亡し124人が重軽傷。

年末の書き入れ時、増築・改築工事をしながら出火。タバコなどの不始末か改装工事の火花が原因か分かっておらず、スプリンクラーも工事中のため作動しなかった。

こちらも、火災を通報したのは道路向かいの理髪店主であった。

■1982年2月8日 東京都 ホテルニュージャパン火災
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホテルニュージ……ン火災

東京でも一等地の赤坂にあり海外からの宿泊客も多く、死者33人のうち22人は外国人で、現在はプルデンシャルタワーになっている。

午前3時24分、客室より出火(寝タバコの不始末)。

再三、消防署の指導を受けていたにもかかわらず、スプリンクラー設備などの消防設備を“一切”設置しなかった。

火災報知機も故障したまま放置。

館内放送も故障のまま、マイクのヒューズも切れたまま。

こちらも第一報は、午前3時39分タクシー運転手から。

———————-

現在の日本では、建築基準法や消防法の徹底指導で、世界的にも高水準であるが、偽装事件も後を絶たない。

また、海外リゾートでの宿泊も魅力的だが、安全基準には疑問もある。
(でも、でもそうゆう所が魅力的でもある)

高層ホテルは一流を選び、リゾートは退路を確認の上、平屋のコテージなどが理想的。

乗り物も宿泊先も、緊急避難退路をしっかり確認し、メンバー全員共有すること。そして、津波時の退路も教えてもらいましょう。

■非常口
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E5%8F%A3

■防火戸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E7%81%AB%E6%88%B8

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.