平和な世の中に慣れてしまった生活。突然の災害・事件に対処できるのだろうか?

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ
記事検索

身近に感じる危機管理

身近に感じる危機管理

平和な世の中に慣れてしまった生活。突然の災害・事件に対処できるのだろうか?

第41話 スプレー缶

お鍋の季節がやってきました。欠かせない道具がカセットコンロですが、カセットボンベで思わぬ事故が発生しています。

今月は身近で便利なスプレー缶について“危機管理”を提案します。

━━【事故例】━━━━━━

例1)ストーブ前に置いておいた予備のカセットボンベが破裂爆発。

例2)使用済みカセットボンベに、穴を開け廃棄しようとして爆発。

例3)ごみ収集車内にて、スプレー缶爆発。収集車炎上。

例4)スキー民宿乾燥室にて、防水スプレーを使用して引火。

例5)パーティー用どっきりスプレーに、ケーキ蝋燭の火が引火。

例6)手首用サポーターに筋肉用スプレーを噴霧。後の喫煙で引火。

例7)シュレッダー紙詰まりにPC用ダストブロワーを噴霧し引火。

例8)真夏の車内にて、くもり留めスプレーが破裂爆発。

例9)こどもの肌に至近距離から制汗スプレーを噴射。凍傷で跡が。

━━━━━━

【スプレー缶の仕組み】

スプレー缶には、目的成分の他に以下の様なものが混合されています。

・目的物を溶かし込むための溶剤。
・噴霧するための噴射剤。

この噴射剤ガスが問題で、以前のフロンなら不燃性なのですが現在は使用されていません。

◎不燃性ガス 炭酸ガス 窒素ガス ※注意 不燃でも凍傷危険有り
×可燃性ガス LPG 液化石油ガス DME(ジメチルエーテル)

もちろんカセットボンベのように、溶剤そのものに引火性が強いものもあります。

【スプレー缶の扱い注意】

使用中は、風通しや火種を確認の上適切に使用する。

保管場所は、幼児やペットの届くところを避け、日当たりなどを考慮。

飛行機搭乗に携行できないように、引越などで運送屋さんに頼む荷物にもスプレー缶の混入は非常識になります。

【スプレー缶の廃棄方法】

廃棄時、酷いものは、中身が殆ど残ったまま捨てられたりしているそうです。

穴開け処理は、自治体ごとに指針が異なります。穴を開けて悪いことでは無いのでしょうが、上記事故例2の様な事故を恐れているのでしょう。

★風通しの良い場所で、火種が近くにないことを確認し、できる限り中身の溶剤を噴霧してしまい(それでも残留している)、空き缶を水に濡らしてから穴を開ければ火花は散りません。

■スプレー缶の爆発実験(動画)

http://www.nite.go.jp/jiko/poster/swf/0362.swf

■ごみ収集車炎上(写真)

http://www1.town.bandai.fukushima.jp/t_life/konnat……ay_can.htm

■凍傷 しのじま皮膚科HPより

http://www.shinoji.com:80/congelatio.htm

ページの先頭へ


メルマガカテゴリー

ネットde保険@とらべる

過去の記事(年別)
プロフィール

保険の基礎知識や保険選びの知識、保険に頼らない健康づくりなどの情報をメールマガジンで配信しております。

保険見直し、保険選びのご相談は遠井保険事務所へ

モバイル版

このメルマガバックナンバーは、携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセス!

http://melmaga.toy-hoken.co.jp/


Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.